BREWERY

食中酒としての天穏

清らかで多層的な味わいと余韻を持つ天穏の酒は料理との相性も非常に良く、特に魚や出汁、発酵食品を基調とする和食や家庭料理と好相性です。
日本の食材や料理の多くは舌先で味わう派手なものではなく、風味や余韻、旨味といった舌の奥に広がる様な美味しさを特徴としています。
天穏の酒を日本の料理と共に飲むと、清らかな酒質が繊細な料理の邪魔をせず、酒が舌の奥や体に浸透し、徐々に風味と旨味が広がっていきます。
この天穏の味わいは、魚や出汁の旨味と風味と相まってとても長い時間、心地の良い余韻をもたらします。
一瞬の舌先の美味しさではなく、長時間続く心地よさと幸福感を天穏は提供することが出来ます。
天穏は時間と空間を満たす酒を目指しています。